探偵相談電話番号

LINE無料お見積り

メール相談

安心の探偵事務所

浮気・不倫の慰謝料はいくら?

配偶者の浮気が発覚し、慰謝料を請求することになった場合、慰謝料はどれくらい請求すれば良いのか? と悩む方は少なくありません。

慰謝料は法律で基準が定められているわけではありませんが、一般的に相場は100万円~300万円と言われています。 不貞の頻度や、個別事情を考慮し、算出されています。

慰謝料の相場

どれくらいの慰謝料金額を請求するか?

慰謝料の請求額は原則として自由です。従って、双方が納得し合意すれば、どのような金額であっても慰謝料として成立します。

しかし、あまりにも法外な金額を請求しても、相手が認めないことが多いようです。 合意せずに裁判となった場合は、「慰謝料の相場」を基準として、個別の状況を考慮しながら慰謝料を算定していきます。

慰謝料の相場
離婚をしない場合50万円~100万円
浮気が原因で別居した場合100万円~200万円
浮気が原因で離婚した場合200万円~300万円

浮気・不倫相手に慰謝料は請求できるのか?

浮気・不倫相手に対して慰謝料を請求するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

浮気・不倫相手に「故意・過失」がある場合

既婚者と知っていて肉体関係を持った

注意をすれば,相手が既婚者だと気づける状況であったのにも関わらず把握をしていなかった

注意をすれば相手が夫婦破綻していないことに気づく状況であったにも関わらず肉体関係を持った

浮気・不倫をされたことで「権利の侵害」を受けた場合

浮気・不倫相手の不貞行為により円満だった夫婦関係が悪化し離婚した

浮気相手と配偶者で肉体関係はなかったが、夫婦関係が破綻するほどの親密な交際をしていた

浮気・不倫相手に対して慰謝料を請求することができないケース

精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている場合

不貞行為は浮気相手と配偶者が同意していなければ行えません。複数の者が一緒に不法行為を行うことを「共同不法行為」と言います。配偶者と浮気相手は、共同不法行為者となり、 連帯して損害を賠償しなければならなりません。従って、十分な慰謝料の全額を配偶者から受け取っている場合は、浮気相手に対しては慰謝料請求ができません。

但し、慰謝料が支払われた理由が、浮気・不貞行為だけではなく、DⅤ(暴力)などの理由が含まれている場合は、浮気相手に対して慰謝料を請求できる可能性があります。

時効が過ぎてしまった場合

慰謝料を請求できる期間には時効があります。配偶者の不貞行為の事実と浮気・不倫相手の存在を知った日から3年が過ぎると請求ができなくなってしまいます。

探偵費用と慰謝料の金額

慰謝料は個々の事情によって、受け取れる金額は様々です。 それ相当の慰謝料を受け取れたとしても、探偵費用に何百万もかけてしまっては、意味がありません。

「慰謝料沢山取れますよ!」「探偵の調査料金も慰謝料と一緒に請求出来ますよ!」と煽って高額な調査料金で契約をさせようとする探偵事務所も少なくありません。 中には、受け取った慰謝料よりも探偵に支払った調査料金のほうが高額になってしまい、結局はマイナス(赤字)になってしまったという方も多いようです。 慰謝料は、気持ちに区切りを付ける為の大切なお金でもあり、新しい出発の為に必要なお金でもあります。だからこそ、探偵に高額な調査料金をかけてはいけないのです。 当探偵社「ハートロード調査室」は、低価格な調査料金で証拠を取りますのでご安心下さい。

安心の探偵事務所

探偵/調査・相談窓口

探偵相談電話番号

探偵相談電話番号

ハートロード調査室
愛知県名古屋市天白区
植田3-1309-303

地下鉄鶴舞線「植田駅」から徒歩で1分
ハートロード調査室は、事務所にお越しいただけない方の為に出張相談も承っております。

匿名での相談・非通知でのお電話も可能です。

お見積依頼フォーム

メール無料相談

友だち追加

お電話でお話しづらい方はLINEでの無料相談も可能です。
「ハートロード調査室」を友だち追加してご相談下さい。

各種カードでのお支払い(分割)も可能です。

名古屋の探偵調査事例

浮気のサイン

探偵関連メニュー